日本は相互信頼が成り立つ数少ない国

中国では日本人のことを、残酷で残忍な民族として抗日ドラマや教科書で教えられています。

しかし、実際に日本へ旅行した中国人が、今まで聞いてきた日本は全く違ったことを知り、それをブログに書いたところ話題になっているとのこと。

日本の農村に行くと野菜の無人販売所があり、相互信頼が前提となっている無人販売ですが、中国では考えられないことのようです。また、環境保護意識、節約意識、倹約意識が高く、相互信頼が成り立っている日本は、恐ろしい国と思われているようです。

では、その記事をご紹介です。

 

 

【中国BBS】日本人は極めて恐ろしい民族 「手本にすべきだ」

 中国では日本人について「恐ろしい民族」と形容されることをネット上で見かけることが多い。「恐ろしい」とは表現しているが、決して「残酷」、「残忍」という意味ではなく、あくまでも中国人から見て「中国人にはないものを持っている」という意味で「恐ろしい」と表現されていることが多い。

 中国の大手検索サイト・百度の掲示板にこのほど「日本人は極めて恐ろしい民族だ」とするスレッドが立てられたので覗いてみたところ、スレ主の中国人ネットユーザーがさまざまな写真とともに「日本人の恐ろしい点」を紹介し、それに対してほかのユーザーから多くのコメントが寄せられていたので紹介する。

 スレ主は「日本人の恐ろしい点」として、環境保護意識の高さや節約・倹約の精神を持っていることのほか、相互信頼が成り立つ社会を挙げている。

 特に相互信頼についてはホテルの宿泊を例に、「日本ではホテル宿泊時にデポジットが不要」と指摘。さらに、退室時にもスタッフが部屋の確認をすることなく、料金を支払えばそのままホテルを後にすることができることを紹介し、「ホテル側が客を信頼していることの表れ」と評価した。

 スレ主が「日本人の恐ろしい点」として主張しているのはいずれも中国ではなかなか見かけられない点ばかりだ。こうした主張について、ほかのネットユーザーからも「確かに日本は多くの分野で世界をリードしている優れた国だ」、「日本はファッションや医療、工業などの分野でも世界有数の国」など、日本を評価するコメントが相次いだ。

 スレ主はひたすら日本の良い点を挙げ、日本を称賛しているものの、ネットユーザーからは反発のコメントはほとんど寄せられず、むしろ「日本を手本にすべき」、「われわれも日本人のように行動すべきだ」といったコメントが相次ぎ、日本の優れている点を素直に認めることができる中国人が多いと見受けられた。(編集担当:畠山栄)(イメージ写真提供:123RF)

引用 http://blog.searchina.net/node/4037

 

日本式の誠意は恐るべし。中国国内の宣伝は愚弄

 中国メディア・網易は15日、「恐るべき日本式の誠意」という文章を掲載し、日本人の誠意やモラルについて事例を挙げて論じた。そのなかで、日本の畑でよく見られるあるものについても「日本人の誠実さを深く感じた」として言及している。

 記事は、日本社会でルール違反や信用を損なう行為を働くと、非常に厳しい代価を支払うことになり、ばあいによっては個人のキャリアが終わりを迎えてしまうこともあるとした。また、日本の地下鉄でコートを忘れて駅に取りに行ったさい、きれいに畳まれてしっかりと保管されていたというある中国人の体験談などを紹介した。

 そして、「日本における人と人との関係が不可思議なほど誠実である」と深く感じた体験として、大阪付近の小さな村のバス停付近にあったという野菜の無人販売所を紹介。そこには、新鮮な野菜と「1袋100円」と書かれた紙、貯金箱のような入れ物があるだけで人はおらず、「すべては客が責任を持ってお金を入れるかどうかにゆだねられている」と説明した。

 記事は、健康な心、美しい社会環境、整った社会福祉、医療技術の発達、信頼に基づく安心できる社会環境、発達した教育システム、思いやりある社会といった要素によって、日本が長年「世界でもっとも人類が住むに適する国の1つであり続けている」と評した。

 記事を読んだ中国のネットユーザーからは「日本旅行から帰ってきて、日本に対する見方が大きく変わった。国内の宣伝は愚弄だ」、「信じられない奴はみんな日本に行ったことがない奴。教科書や抗日ドラマに害された世代だ」、「本当に日本に行ってこそ理解できること」、「われわれも改善しているけど、もっとスピードを速めたい。今は、まじめな人が一番損しちゃうもんね」、「古代の中国もそうだったんだけどね」といったコメントが寄せられた。

 郊外にある野菜の無人販売所は、実際に行かないと気づかないポイントだろうし、仮に話を聞いていてもにわかには信じられないかもしれない。やはり「百聞は一見に如かず」であり、自分自身で実際に感じ取ることがより多くの理解につながるのだ。(編集担当:近間由保)

引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00000006-scn-cn&pos=5


 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ライブチャットの女性