膨大だった日本の戦後賠償 現在換算で35兆円以上にもなる!

大東亜戦争後の日本の賠償について、日本の教科書などであまり説明されていませんが、実は膨大な額を支払っています。

平成の今でこそ日本は世界トップクラスの経済大国ではありますが、敗戦後当時の日本はどこも焼け野原になっており賠償を支払うどころではなかったはずです。

そんな貧しい状況の中、日本人は一生懸命に働き、賠償金を支払ってきたのです。

その額、当時の金額で一兆三百億円以上にもなる膨大な金額です。
内訳は4つになるようです。

①賠償および無償経済協力(準賠償)
②賠償とは法的性格を異にするが戦後処理的性格を有する贈与・借款
③軍需工場など日本国内の資本設備を、かつて日本が支配した国に移転、譲渡する「中間賠償」
④戦前、日本政府や企業、個人が海外に持っていた在外資産の諸外国への引き渡し

 

 

昭和20(1945)年、敗戦国となった日本は7年間の占領期間を経た後の昭和26年に、サンフランシスコ条約を結んで連合55国ヶ国中48ヶ国と講和をしました。この条約とそれに続く個別の国との協定(二国間協定)で、戦争で日本が与えた損害に対して賠償を行なうことを約束し、ここから戦後処理が始まったのです。
例えばフィリピンには賠償約1980億円、借款約900億円、インドネシアには賠償約803億円、借款約1440億円を支払っています。この他、別表にあるように、賠償、補償の総額は約3565億5千万円、借款約2687億8千万円で併せて6253億円(現在換算20兆971.42億円)にのぼります。

これ以外にも事実上の賠償として、当時日本が海外に保有していた財産はすべて没収されました。
それは日本政府が海外にもっていた預金のほか鉄道、工場、建築物、はては国民個人の預金、住宅までを含み、当時の計算で約1兆1千億円(現在換算35兆3540億円)に達しています。
現在の経済大国、日本ではなく、戦後のまだ貧しい時代に、時には国家予算の3割近くの賠償金を約束し、きちんと実行してきていたのです。

日本がサンフランシスコ平和条約に基づいて、戦後外国に支払った金と物は膨大なものであり、当時の金額で約1兆1千億円(現在換算35兆3540億円)にのぼります。中身は、①賠償および無償経済協力(準賠償)、②賠償とは法的性格を異にするが戦後処理的性格を有する贈与・借款、③軍需工場など日本国内の資本設備を、かつて日本が支配した国に移転、譲渡する「中間賠償」、④戦前、日本政府や企業、個人が海外に持っていた在外資産の諸外国への引き渡し、の四つから成ります。

敗戦後の貧しい中、当時国民が一生懸命働いて
膨大な賠償に応じてきたことも忘れてはなりません。

引用 http://ccce.web.fc2.com/ho.html

対日賠償請求権を放棄したカンボジアの優しさ

カンボジアの日本に対する優しさに、いつも感調の思いでいっばいだ。

カンボジア政府は1954年に在カンボジア日本公使館に対して、大東亜戦争(太平洋戦争)における日本軍駐留により受けた被害に対する対日賠償請求権を放棄すると伝えてきた。

日本側も、カンボジアの愛ある行為に感動し、「貴国の善意に報いるために経済、技術面での協力を提供する用意がある」とエールを返した。

一方、ちようど同じ頃、日独伊三国同盟により共に枢軸国として戦ったイタリアは、日本敗戦1か月前に逆に対日宣戦を行い、実際には日本との戦いはなかったにもかかわらず、戦後、賠償請求 をしてきた。

当時の日本は貧しく、人々はボロボロの状態が続いていたが、理不尽を承知のうえで金を支払っ た。ただし日本はイタリアの請求権を認めず、あくまでも「賠償や補償ではなく、一括見舞金であ る」との立場を今も崩していない。

「イタリアよ、恥を知れ!」と声を大にして言いたい。

カンボジアの人々は親日の方がほとんどで、戦後の日本の苦難の歴史を知っている方もおり 「日本人は素晴らしい。日本人は戦争で叩き潰されたが、それでも起き上がってきた」と褒められ た経験も何度かある。

引用:日本はなぜアジアの国々から愛されるのか

 


 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ライブチャットの女性