「勝てば官軍 負ければ賊軍」戦争責任あるものないもの全てを日本に押し付けたアメリカ

日本は、大東亜戦争で敗戦しました。

この戦争は、もとを辿ればアメリカが仕掛けた戦争です

一方的に経済封鎖をされて追い込まれた日本は、戦う以外に道はありませんでした。

経済力と工業力と軍事力で日本を圧倒するアメリカは、戦争を有利に進めました。

国際ルールでは、非戦闘員を殺戮してはいけないルールになっていましたが、アメリカの日本に対する攻撃はルールなど無視でした。現在もアメリカは、国際ルールを無視して他国の非戦闘員を虐殺し続けています。

アメリカは日本に対して、無差別爆撃をし、人々を酷い死に追いやる原子爆弾も使用しました。

そしてアメリカは日本に勝ちました。

戦争終結後、アメリカが行ったことは、日本に対して全ての戦争責任を負わせることと、日本国民の洗脳でした。

一般市民皆殺しの空爆を行ったアメリカが、国際ルールを順守して戦った日本を裁判にかけて、何でもかんでも日本が悪いと言って、責任をなすりつけてきました。

日本はなすすべがありませんでした。全てを受け入れざるをえませんでした。

勝てば官軍とは、まさにこのことです。

当時の日本は本当に悔しい思いをしたことでしょう。無念だったと思います。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び

天皇陛下のお言葉が、全てを語っていると思いました。

私たち日本人は、大東亜戦争を見つめなおし、真実を知る必要があります。

そうでなければ、日本のために命をかけて戦った先人たちの魂が報われません。

アメリカによって書かれた太平洋戦争の記録は、アメリカに都合よくねじ曲げられています

日本人は、日本の大東亜戦争を再検証する必要があるのです。

そして、靖国神社に祀らている御英霊に哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りしましょう

 

 

アメリカの洗脳

アメリカは戦争が終わると、日本を裁判にかけました。「東京裁判」と言います。勝ったものが負けたものを一方的に裁く不公平な裁判です。

この裁判で、戦争の責任はすべて日本にある。日本の指導者と軍部が悪いのだと決めつけました。反論は認められませんでした。

その考えを、新聞や雑誌、ラジオ、教科書を使って日本人に染み込ませました。洗脳ですね。これはアメリカにとって成功しました。

その一つの例が、「太平洋戦争」という呼び方です。

日本では、東方亜細亜を欧米支配から開放させるというねがいがあったので、「大東亜戦争」と呼んでいました。

しかし、その呼び方だと、それをはばんだアメリカは悪いイメージを持たれてしまうので「太平洋戦争」に変えさせたのです。

アメリカの洗脳は、年がたつとともに、日本中にしみわたしました。

わたしも、何年か前まで、ずっと、日本がすべて悪いのだと思ってきました。そして、日本軍はアジアの人たちに迷惑ばかりかけたのだと思っていました。今でも、多くの日本人がそう思っています。

しかし、日本は自国の生き残りをかけ、戦いの道を選んだのです。

戦争は人類最大の不幸と言えるでしょう。それを起こした日本側にも責任があるのは当然です。しかし、負けた結果、一方的に裁かれ、すべてを悪者にされました。そして、それを多くの日本人が信じています。それは、おかしなことだと私は思います。

引用 奇跡の国ニッポン

 


 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ライブチャットの女性